ひげ脱毛を始めるベストな年齢とは?

男性にも美しさが求められる今の時代に、ひげは生えていない方が良いと考え、一刻も早く脱毛してしまいたいという方もいらっしゃいます。

ですが、ひげ脱毛を受けるには、適齢期というものがあることを忘れてはなりません。

基本的に、脱毛サロンやクリニックなどで施術を受ける年齢には、法律的な決まりは無く、未成年でも親権者の同意書さえもらえば受けることができるようになっています。

ただ、このひげというものには、ホルモンバランスなどが大きく影響していることを忘れてはなりません。

このホルモンバランスが安定しない時期から脱毛を受けても、結局また再生してきて、無意味になってしまう恐れもあるのです。

例えば未成年の時に脱毛を受けたとしても、まだ代謝も活発で、男性ホルモンの分泌が安定していないために、後々になってまたしっかりとひげが生えてくることも考えられます。

これでは、せっかくお金と時間をかけて通ってもムダになってしまいますね。

では、年齢が高くなればなるほど良いのか、と言えばそういうわけでもありません。

40代、50代頃になってひげ脱毛を始めても、なかなか効果が得られないことも多いのです。

この原因になるのが、白髪です。

年齢と共にひげも色素を失い、白髪が増えてきます。

フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛は黒い毛にのみ反応する仕組みですから、白髪だと効果を得ることができないのです。

また、年齢と共にお肌も衰え、乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起こりやすくなることもあります。

これらの点を考慮すると、ひげ脱毛の適齢期というのは、20?30代程度であると言うことができますね。

繰り返すひげ剃りでお肌を傷めてしまうリスクを減らすためには、20代の前半ごろにひげ脱毛を済ませてしまうのが理想的でしょう。

早めに肌への負担を軽減できることで、年齢を重ねた時にもキレイな肌状態をキープできる可能性大ですね!

適齢期を過ぎたからといって諦める必要はありませんが、できれば20?30代のうちに、理想的な肌状態でひげ脱毛を済ませてしまいましょう!