毛抜きでヒゲを抜いちゃうと、青ひげの原因になってしまう恐れがあるので注意して

ヒゲの自己処理には、基本的にシェーバーなどを用いて剃るという方法を実践している方が大半でしょう。

ですが、中にはより長い間生えてこない状態を目指して、毛抜きなどでヒゲを抜いてしまうという人もいます。

確かに毛根から抜き取ってしまえば、剃るだけの時よりも長持ちするし、良い方法に思えますよね。

ですが、実はこの方法はデメリットばかりの、やってはいけない自己処理法なのです。

毛抜きで毛を抜いた時、毛根は毛乳頭から離れて抜けてきます。

この時、毛乳頭は毛穴の中に残った状態になり、ここから毛を生成するように命令が出されます。

この毛乳頭が無くならない限りは、毛が生えてこなくなることは無いので、毛抜きで抜いたところで毛が減ることはありません。

ですが時には、この毛乳頭も一緒に抜けてしまうことがあります。

すると毛細血管が繋がっていますので、ここから出血してしまいます。

出血するとカサブタができてしまうこともありますし、見た目には良くありませんよね。

しかも、毛乳頭が抜けたからといって毛が再生されなくなるとは限らず、残った毛乳頭細胞によって再生される可能性は十分にあります。

こうして再生された毛乳頭は、1度破壊されたことにとって、「さらに強く太いヒゲを生やす」ということも考えられるのです。

これは、多くの男性が悩まされる「青ひげ」の原因にもなりますね。

また、ひげを抜くことで毛穴が閉じてしまうということもあります。

毛穴が閉じると、その下にある毛が出口を失い、皮膚の下に埋もれた状態になります。

これは黒ずみのように見え、見た目にも良くないので困りますね。

自分でほじくり出そうとすると炎症を起こし、ますますひどい事態になる恐れもあります。

このように、毛抜きによるひげの処理は、痛みが強く時間がかかるうえに、ひげをさらに濃くしたり、見た目を悪くしてしまったり、お肌や毛穴を傷つけてしまうなど、デメリットだらけなのです。

こういったデメリットを考えると、毛抜きでのひげ剃りがご法度、と言われる理由も納得できるでしょう。