ひげ脱毛の痛さについて

女性の間では脱毛サロンで全身脱毛、なんていうのも一般的になってきていますね。

痛みもほとんどないし、快適に受けられると好評ですが、では男性のひげ脱毛に関しても同じ感覚で気軽に受けられるのかと言うと、そうとは言い切れません。

ひげ脱毛は、痛みを強く感じやすい部位であると言われています。

それには主に2つの理由があります。

まず1つ目に、脱毛部位が顔というデリケートな部分であることです。

同じ刺激でも、受ける部位によって痛みの感じ方は違ってきますね。

顔は特に痛みに敏感な部分ですので、ひげ脱毛は、どうしても痛いと感じる人が多くなってしまうのです。

それから、もう1つの理由として考えられるのが、ひげの濃さです。

体毛などのようにひょろひょろと生える毛とは違い、ひげはチクチクと、しっかりとした剛毛が生えていますね。

これをエステのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛で受けた場合、メラニン色素に反応する性質のある光なので、どうしても強く反応してしまいます。

そのため、刺激も大きくなり、痛みを感じやすくなるというわけですね。

中にはニードル脱毛という方法を採用するところもありますが、これは毛穴の1つ1つに細い針を挿して電流を流していくという荒業とも言える方法なので、さらなる痛みを覚悟した方が良いでしょう。

では、痛みに弱い男性はひげ脱毛を受けるのが絶望的なのか、と言えば、そういうわけでもありません。

痛みに弱くても、そこまでストレスを感じずに脱毛を楽しめる方法はあるのです。

それが、クリニックで施術を受けるという方法ですね。

クリニックは医療機関ですので、麻酔を使用してもらうことが可能です。

麻酔を使ってひげ脱毛を受ければ、痛みにもかなり鈍感になり、ほとんど刺激を感じることなく脱毛することができます。

サロンなどで受ける脱毛よりも、高額になってしまいがちな医療レーザー脱毛ですが、痛みに耐える自信が無いという方は、麻酔を使ってくれるところを探してみるのも1つの方法ですね。